×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 
 
身延線

 
 富士緑道
 1913年、身延線の前身である富士身延鉄道が富士~大宮町(現在の富士宮)を開業させました。1926年に竪堀停車場が、1934年に本市場停車場が開業しました。当時は、静岡方面から方向転換なしで入線できる線形になっていましたが、東京方面からの団体列車の急増や輸送力増強、国道1号線の踏切による慢性的な渋滞の解消のため、1969年に路線付け替えが行われ現在の形になりました。本市場駅は柚木駅に改称されました。廃線跡は富士緑道として整備されています。
 
 
 県道から北方向にカーブを描く廃線跡
 
 
 バスの休憩所の向こうに使われなくなった貨物ホームがある
 
 
 王子製紙と大興製紙の間の狭い部分を進む
 
 
 
 
 県道396号線(旧国道1号線)との交差点。本市場駅はこの付近
 
 
 
 
 
 線路の分岐にしたがって遊歩道も分岐
 
 
 旧竪堀駅は公園になっている
 
 
 
 残念ながらこの日、富士山は雲隠れ
 
 
 
 
 
   身延線TOPに戻ります
   鉄道館TOPに戻ります